【格安SIM】でコスト削減

【格安SIM】で電話代金を半額以下のコスト削減する方法

【格安SIM】でコスト削減 格安SIMでの通話によるコスト削減法でまず候補に挙がるのが、各種通信アプリによる無料通話です。
声が少し遅れて聞こえたり音質が少し悪かったりしますが、基本的にスマホ同士なら同一の通信アプリを使用することで、家族や友達同士の電話代を無料にすることができ、電話代は半額以下です。
もう一つのコスト削減法として、月額800円前後で5分間の国内通話がかけ放題になるサービスを利用する方法です。
総務省の平成26年の統計によると、携帯電話・PHSの平均通話時間は1回で2分25秒です。
また、格安SIMで普通に電話をすると通話料金は30秒20円かかります。
これに基づき、例えば1日1回2分30秒の通話をする人は、1カ月で75分通話をし、1日の電話代が100円、毎月3000円かかります。
回数が増えると、当然それ以上の電話代がかかります。
5分間かけ放題のサービスに加入しておくと、通話料金は月額800円前後だけで済み、半額以下です。
ただし、中には5分かけ放題を提供していない格安SIMもあるので、事前に5分かけ放題のサービスを提供している格安SIMを選んでおく必要があります。
なお、月額約600円で3分かけ放題を提供している格安SIMもあります。
更に、月額約400円で1分かけ放題というサービスもあります。

電話代の次はスマホ全体のコスト削減!

電話代の次はスマホ全体のコスト削減! 大手携帯電話会社の電話代が高いと感じた場合には、格安simと呼ばれる通信事業者(mvno)と契約して電話代のコスト削減につなげる事が可能ですが、スマホ全体のコスト削減になると機種変更の節約が必要となってきます。
格安simを使っている場合の機種変更は、mvnoや家電量販店が提供しているsimフリースマートフォンを購入するか、ネットオークションで中古や新品のスマートフォンを購入すれば1万円~3万円の範囲で中レベルスペックの商品を手に入れる事が出来ます。
スペックや最新機種にこだわりが少なくて、出来る限り本体にお金を使いたくない場合は、友人や家族から使っていない中古スマホを譲り受けると無料で使えるので持っていないかを確認しましょう。
その際に注意したいのはsimカードのサイズであり、サイズが違っているとカードが入らずにスマートフォンのデータ通信が出来なくなりますので注意しましょう。
これを行っていればスマホ全体のコストは大幅に削減出来る事から、2年間使った場合の本体と電話代のコストは途中で故障をしない限りは5万円しないケースもありますので、家族がいる場合は家族全員で格安simの契約や上記のような方法で本体を買ってみて下さい。

おすすめコスト削減関連リンク

最適な通話プランを無料シミュレーションしてくれるサイト

電話代 コスト削減